大勝利できるャンブルが何か考えた時、ポーカーを想像するかもしれません。しかし残念ながらポーカーなどのカードゲームは誰でも勝てるという訳ではありません。カードゲームで勝つために必要な戦略や、機転の効いたアイデアを身につけるのは容易ではありません。それならばカードゲーム以外のギャンブルをはじめようと多くの人がスロットを選びます。しかし、スロットの勝率の低さを考えるとゲームに安定して勝ち続けるというは現実的ではないでしょう。もしギャンブルで勝って儲けたいと思うのであれば、スポーツベッティングを検討してみましょう。 

ではどのスポーツに賭けるのが一番良いのでしょうか。スポーツベッティングにおすすめのスポーツは下記の通りです。 

ボクシング 

ボクシング試合はたくさん開催されていますが、有名なボクサーはほんの少ししかせん。選択肢が少なければ賭けの対象を選ぶのは一見簡単なように思われます。しかし、複数いるボクサーの中から実際に賭けられるのは人だけということを考えると、勝つ見込みがありそうなボクサーを慎重に選別しなければなりません。それに加えて、試合が引き分けになる可能性もあることも忘れてはいけません。しかしながら、ボクシング自体の規模が昔に比べると小さくなり、ボクサーの数が減っているのでボクサーについての情報を集めるのはそこまで難しくないでしょう。まずは、YouTubeでボクサー達の試合をく見て、各々どのような戦い方をするのか分析することで、試合の勝敗を予想してみましょう。 

しかし、ボクシングの試合に影響を与えるのは、ボクサーの戦い方だけではありません。審判のミスジャッジも起こり得るということを忘れてはいけません。ミスジャッジは大きな試合であっても起こります。例えばオスカー・ラ・とフェリックストリニダードの試合を見れば、審判が正当なジャッジをしていたとは思えないということに気づくでしょう。 

さらに、滅多にありませんが引き分けになるという可能性もあります。ですので、注意が必要です。 

総合格闘技 

総合格闘技もまた、スポーツベッティングにおすすめです。ボクシングと同じように、3人の審判が判定を行います。こちらもボクシング同様に、引き分けの可能性はありますが、滅多にありません。しかし、試合を運営する競技団体によって試合のルールが異なるという点に注意が必要です。総合格闘技協会の主な競技団体であるUFCでは依然として10ポイント制ルールを採用しています。しかし、総合格闘技の専門家達は絞め技や打撃技なども判定しなければならないため、10ポイント制ルールを批判しています。打撃技より絞め技の方が高得点と判定するべきでしょうか?それともその逆が良いでしょうか?ワンチャンピオンシップでは、異なるルール採用されています。いわゆるサッカーボールキック(倒れている相手を蹴り上げる行為)以外であれば反則はありません。ラウンドごとの採点は行わずに、試合全体を通して判定を行います。 

バスケットボール 

最後におすすめなのが、バスケットボールです。バスケットボールでスポーツベッティングをする際に、勝率をあげたいのであれば、チャンピオンシップ期間で最も強いチームのみに賭けるようにしましょう。NBAチャンピオンシップであれば、最も強いチームが負けるということはほとんど起こりません。その理由はNBAチームが複数のチームの選手で構成されているからです。最近ではチャンピオンシップのチームが何人ものオールスタープレイヤーで構成されているのをく目にします。 

当サイトのおすすめスポーツは、いかがでしたでしょうか?ただし、どんな種類のスポーツベッティングであっても、実際に自分でやる前に収集するようにしましょう。